コピーライティング

【コピーライティング講座♯1】なぜ、ビジネスで売上を上げるためにコピーライティングが必要なのか?

こんにちは、セールスコピーライターの野口です。

 

今回は、コピーライティング講座の第一回目ということで、
「なぜ、ビジネスで売上を上げるためにコピーライティングが必要なのか?」
というテーマをお話していきたいと思います!

  • コピーライティングって何?
  • そんな面倒なこと、なんで必要なの?
  • 勉強したいとは思っているけど、何をすればいいのかわからない

とお悩み中の方には、お役に立てると思いますので、ぜひともご覧ください^^

 

コピーライティングってそもそも何?

コピーライティングというと普段は耳慣れない言葉だと思います。

そんなコピーライティングを一言で表すと…
「文章を使って、それを読んだ相手に、狙った行動を起こしてもらう文章術のこと」
です。

これだけじゃよくわからないと思うので、具体例でお話ししますね。

 

例えば、あなたが美容室を経営していて、
「お客さんにもっと来店してもらいたい!」
と思い、ホームページを作って集客してみようということになりました。

「お客さんに来店予約の電話をしてもらうこと」これがホームページの目的です。

 

ただ、いくら「来店の電話がほしい!」とは思っても、
ホームページの至る所に「予約のお電話はこちら!!」と
叫んでいるだけでは効果は薄いわけです。

なぜならば、そもそもホームページを見ている読者は、
最初から電話予約をするつもりで読んでいるのではなく、
この美容室が自分にとって予約する価値があるのかどうかを見定めている可能性が高い
からです。

つまり、ホームページを呼んでいる見込み客の立場からしたら、

  • どんなスタイリストさんがいるのかな、話しやすそうかな
  • 価格はいくらなのかな、変なオプションを勧められたりしないかな
  • 自分に合う雰囲気かな、場違いだったら嫌だな
  • どんな髪型にしてくれるのかな
  • 場所はどこ? アクセスしやすい場所にあるのかな

という感じで、ホームページを見て、その美容室の情報を探しているわけです。

 

そんな中で、まだお客さん自身が美容室に来店する覚悟が決まっていない時に、
「今すぐ予約の電話してね!」と叫んでいても、ただうざいだけですよね(笑)

まるで、ほしくもない服を強引に「買ってください!」と押し売りされているようなものです。

 

では、どうすれば、情報を見極めている見込み客の方に、
ホームページの目的である電話予約をしてもらえるかと言うと、

  • 他の美容室との違いを明確にして、言葉で伝える
  • スタイリストを紹介する魅力的なプロフィール文を作る
  • 今すぐ電話予約するメリットを伝える文章を書く

といった感じで、美容室の良さを伝える必要があります(当たり前の話ですが(笑))。

 

で、一人でも多くの見込み客に来店電話を促すための文章のスキル、それがコピーライティングです。

さきほどもお伝えしたとおり、コピーライティングとは、
「文章を使って、それを読んだ相手に、狙った行動を起こしてもらう文章術のこと」
でした。

文章を使って、相手にお店のことや商品・サービスのことを魅力的に伝えることができれば、
それに応じて、見込み客の反応も変わってくるというわけです。

 

例えば、比較的高単価な美容室なのであれば…

「私たちのサロンでは、サービスの価格を比較的高めに設定させていただいています。
これは、私たちは、一人一人のお客様とじっくりと向き合っていきたいという想いゆえです。

私たちが考える理想のサロンは、ただ髪を切るだけの空間ではなく、
お客様がより美しくなるという未来に向けて、共に歩んでいきたいと思っています。

そのため、初回来店の際には1時間以上のカウンセリングを行ったり、
今の髪を状態や、どのようにして理想の髪の状態にしていくかを共有し、
一人一人のお客様と徹底的に向き合っていきます。

ただ髪を切るだけの空間ではなく、お客様一人一人の理想のライフスタイルを
髪という視点から作り出す、私たちはそんな美容室です」

と、こんな感じですね(即興で作ったので例はしょぼいですが汗)

 

これがもしも、ホームページ内で、価格が高い理由が説明されていなかったら、
「なにここ高すぎ。別のところにするか」と嫌煙されてしまうかもしれません。

なぜこの価格なのか、どういう想いなのかを適切に伝えることで
相手の態度や感情を変えることができるのです。

 

そして、コピーライティングを上手に使うことができれば、

  • 同業との違いを示すのに使える文章
  • 魅力的なプロフィールに含まれる要素
  • お客さんがついつい、今この瞬間に電話予約したくなる文章

など、同業と差別化し自分のお店が魅力的であると感じてもらえて、
その上で、狙った行動を起こすことができるようになります

 

なぜ、コピーライティングが必要なのか?

それは、すごく簡単にいうと、
「商品やサービスを変えずとも、ビジネスの売上をあげることができるから」
です。

さきほどの美容室の例でいえば、
ホームページ上で適切に相手に美容室の価値を感じてもらえれば、
来店予約の電話の数が増えますよね。

 

わざわざ、メニューやオプション、価格を変えなくても、
“どう伝えるか”を変えるだけで、集客できる数が変わるわけです。

相場に合わせて下手に値下げしたり、技術力のあるスタイリストを入れなくても、
文章を使って伝え方を変えるだけで、来店予約の電話を増やすことができます。

 

だからこそ、あなたの商品やサービスの価値をより知ってもらい、ビジネスの売上をあげるためには、
その良さを伝える文章を巧みに使っていくことが求められるというわけです。

 

コピーライティング講座、第二回目もお楽しみに!

今回は、コピーライティング講座の第一回目ということで、
「なぜ、ビジネスで売上を上げるためにコピーライティングが必要なのか?」
について、解説してきました。

今回の記事をご覧になって、少しでも「ちゃんと相手に伝える文章が大事なんだな」と感じていただければ幸いです。

 

さて、次回のコピーライティング講座では、
「コピーライティングで大切なたった1つの考え方」
についてお話します。

 

この考え方を自分の中に落とし込んでいくだけでも、
下手なテクニックを学ばなくてもライティングスキルをぐんぐん伸ばし、
お客様に興味がひかれる文章が書けるようになりますので、
ぜひ下のリンクをクリックして、続きをご覧ください!

コピーライティングのスキルを高めるために必要なたった1つのコツとは?

(ちなみに、この記事の目的は、記事を読み、内容に納得してもらった上で、こちらのリンクをクリックしてもらうことです^^)

 

 

それでは、最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

セールスコピーライター
野口

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。