【インターネット 集客】コラム

最新の「インターネット 集客」に関する情報をご紹介します。

LINE(株)主催セミナーin札幌「LINE 運用型広告」&「LINE公式アカウント」

LINE(株)主催のセミナーに参加してきました!


2019年8月20
LINE(株)主催で、セミナーが札幌で行われました。

今回は、「LINEの運用型広告」がテーマのセミナーでしたが、セミナーの前半部分は「LINE公式アカウント」について、セミナー後半には、LINE運用型広告「LINE Ads Platform」活用についての実例紹介が行われました。

「LINE@」から「LINE公式アカウント」へ


アプリの誕生から8年! 
今や国内No.1のユーザー数(8,100万人)を誇るSNS。スマホユーザーの多くが日常的に使用しているプラットフォームですが、2019年4月に「リデザイン」というテーマを掲げ、大規模なリニューアルが施行されました。

これまで、LINE公式アカウント、ビジネスコネクトアカウント、カスタマーコネクトアカウントと呼ばれる大企業アカウントと、小規模店舗向けのLINE@アカウントの4種類に分かれていたアカウントタイプが、「LINE公式アカウント」として1つに集約されました。

「LINE公式アカウント」ならこんなことができる!


「LINE@」が「LINE公式アカウント」へサービス統合したことで、これまで月額250万以上の大企業アカウントユーザーしか使えない機能など、すべての機能が統一され利用が可能となりました。

1.メッセージ配信
2.タイムライン投稿
3.チャット機能
4.リッチメニュー
5.ショップカード
6.クーポン抽選機能
7.レポート機能

上記の基本機能以外にも、さまざまなオプション機能があります。

「LINE公式アカウント」ビジネス活用&成功事例

中小企業で、ネットで集客や販売促進を、低価格で効率的に行いたいのであれば、「LINE公式アカウント」は必須のツールと言って良いでしょう。
男性・女性・年代も20代~60代以上まで、幅広くLINEアプリを活用しているので、お客さんとのコミュニケーションをとるには最適なSNSです。

▼あらゆる業種で成功事例がある
ファッション・美容
医療・製薬・介護
日用品・雑貨
飲料・食品・外食
小売り・百貨店・EC
出版・エンタメ・ゲーム
金融・保険
旅行・レジャー
インターネットサービス・通信
人材・教育
製造・自動車
公共・インフラ・非営利
建築・不動産

▼LINE機能の活用での成功事例
・タイムラインを利用したカラオケ店
 深夜帯の来店数が、昨年対比160%
・「LINEチャット」で信頼関係を構築!
 売り上げが30~40%アップした飲食店
・プレゼントキャンペーンで来店頻度・購入単価をアップ
 店舗販売
・ショップカードで再来店を促進!
 電話予約に頼らないトレーニングスタジオ
・LINEチャットの活用でお客さまの満足度を向上!
 きもの着付け教室
・LINE経由での月間売上比率が13%超!
 化粧品オンラインストア

今すぐはじめよう!「LINE公式アカウント」


よく聞かれる質問に・・・・。
「ネット集客で、SNSを活用したいと思っています。5大SNS(Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、LINE公式)の中でも、まず何から始めればいいですか?」

中小企業が、SNSを使うなら、真っ先に導入すべきは「LINE公式アカウント」です。

SNSは、それぞれ素晴らしい特徴をもっているので、正直、すべてのSNSを導入すべきですが、優先順位をつけるのであれば、まずはじめに導入すべきSNSは、間違いなく「LINE公式アカウント」から始めましょうとお伝えしています。

理由を上げるとすると・・・・。

国内No.1のSNSのユーザー数(8,100万人)がいるから
(スマホユーザーに直接アプローチできる!)
・これまでのメールに代わるツールだから
成約率がメールの3~5倍!と既に結果が出ている業種が多数あるから
メールより開封率が高いため、しっかり見込み客に伝えたいメッセージを届けることができるから
見込み客を、ストックする(集める)ことができるから
・いつでも、企業側のタイミングで、見込み客にメッセージを送ることができるから
無料ではじめることができるから
・見込み客とコミュニケーションをとることが出来る機能が揃っているから
(メッセージ配信・タイムライン投稿・チャット機能・クーポン・ショップカードなど)
・アカウントを複数わけることで、見込み客と既存客へ、メッセージを分けて配信することができるから
新規顧客から、リピータへと教育できるツールだから
・お客様を喜ばせるツールがたくさん用意されている!
ターゲティング配信も用意されている(お友達100名以上からの機能)
 この機能により、札幌市に住んでる20代の女性だけにクーポンやメッセージを送ったりできるようになります。

まさに、今すぐ「はじめなければ出遅れてしまう!」ほどのインパクトのあるSNS(集客・販促)ツールです。

でも、地元札幌では、まだまだ導入している競合も少ない状況なので、「LINE公式アカウント」へ統合された今が、参入のチャンスでもあります。

これから「LINE」をビジネスに活用したい中小企業へ

先月(2019.7)のLINE(株)決算発表にて、
LINEの国内の月間ユーザーが「8100万人を突破」と発表がありました。

日本の人口の60%以上が利用しているSNSということで、
ビジネスに活用しきれていない企業が、まだまだたくさんあります。

そこで、「札幌WebプロモーションズClub」では、

※LINE公式アカウント( 旧 LINE@ )をまだ始めていない方
※LINE@のアカウントはあるけど、まだ「公式アカウント」に移行せず、全く活用できていない方

を対象に、アカウントの開設から、集客準備となる初期設定・一斉配信までの操作方法を学べるワークショップを開催します。

↓↓↓↓↓

LINE公式アカウント ワークショップ【入門編】

>> LINE公式アカウント ワークショップ【入門編】の詳細はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。